主な工事内容

外装工事

屋根工事

雨とい工事

太陽光発電

省エネ商品

施工例

金属系サイディング

金属系サイディング

金属系サイディングの主な特長

ここで紹介する金属系サイディングは、窯業系サイディングの約1/4、モルタルの約1/10の軽さで、柱や梁などの躯体にかかる負担を軽減し、地震の際の建物の影響を最小限に抑えることができます。

金属系サイディングに裏打ちされている断熱材は高い断熱性能を発揮します。これにより”夏涼しく、冬に暖かい”だけでなく、省エネ効果も期待できます。
凍害は寒冷地などで、外装材が水を吸収し、凍結と融解を繰り返すことで劣化する現象です。金属系サイディングは表面材が鋼板ですので吸収がなく、凍害の心配がありません。
金属サイディングに裏打ちされている断熱材は断熱性能だけでなく、優れた防音効果も発揮しますので、快適な空間づくりをサポートします。

※金属系サイディングの性能についての詳細を知りたい方はこちらをクリック↓

  1. 日本金属サイディング工業会

金属系サイディングの素材について

右の図のように、金属板と裏打断熱材材によって構成された外壁材です。とても軽量で建物に優しく、断熱性に優れ、省エネ効果が高く、ひび割れ・凍害に強いといった特徴を持っています。
また、表面金属板には、ガルバリウム鋼板を使用するなど、耐久性の高い素材を使用しています。

スガバンから見た金属系サイディングの特色

金属系サイディングは、メーカにより特色があります。デザインに関してはもちろんですが、最近では塗装技術や、金属素材の進歩により、優れた外装材が数多く発売されております。また種類も豊富で選択の際に迷うこともあるかもしれませんがその分、より個性的で、お客様のご要望にあった外観を演出することができると考えます。
管板金では、これらの特色に加え、デザインのご提案から、施工、管理までサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。

※金属系サイディングに関するデザインなどの詳細を知りたい方はこちらをクリック!

  1. 旭トステム外装株式会社
  2. アイジー工業株式会社

金属系サイディングイメージ

※写真はPC画面の特性上、実物の色柄と多少異なる場合がございます。

リフォームに最適

軽量な金属系サイディングは、既存壁を撤去しないで、その上に重ね張りをする
「カバー工法」に適した外壁材です。

施工前、施工後の例

※「カバー工法」の詳細についてはこちらをクリック!

  1. 「カバー工法」のページへGO!

CG画像提案

管板金ではCG画像による画像処理で、外装施工前のイメージをご提案いたします。

CG画像による、イメージ提案!

※CG提案の詳細についてはこちらをクリック!

  1. CG画像提案のページへGO!